TEXTS

Fumihiko Tanifuji / 谷藤史彦 – About Shinya Sakurai / 櫻井伸也のこと

About Shinya Sakurai

Fukuyama is the place where a lot of internationally popular artists have grown up. A painter Shu Takahashi, who mostly worked in Rome and he is working at his studio in Kurashiki, was born in this city. Also, sculptors like Itto Kuetani, who is working in carrano in Italy and Masaaki Noda, who is working in mainly New York, are also from Fukuyama. Now, Shinya Sakurai is becoming one of them.
Even though being born in 1981 and being a young artist, he has spent over 10 years for his career in Torino, Italy. He is mainly working with ALBANESE ARTE gallery in Matera, (south of Italy) and BASE gallery in Tokyo and HEIS gallery in Fukuoka for group and solo exhibitions and art fairs. He learned Art Producing and Textile in Osaka University of Arts and Theater Art and Paintings in Accademia Albertina della bell’arte di Torino, but he is mostly working in paintings.
Atomic Bombing, Love, and Peace are his main themes in his work. That is from what he felt when he spent time in Italy. The images about Hiroshima of Italian people have significantly influenced him. He takes those inspirations in his work and expresses it with bright and soft colors like Italian huge brand Benetton. As like Benetton used social issues like discrimination and wars for their advertisement campaign, Shinya Sakurai is also aiming to depict such issues personally and socially in his colorful work.

Fumihiko Tanifuji Chief Curator, Fukuyama Museum of Art

 

櫻井伸也のこと

福山には優れた芸術家を生み出す土壌があるのか、海外を舞台に活躍するアーティストが幾人か輩出されている。イタリアのローマで活躍し、現在、倉敷にアトリエを構える画家・高橋秀、同じくイタリアのカッラーラを本拠地とする彫刻家・杭谷一東、そしてニューヨークを中心に活躍する彫刻家・野田正明である。この一角に今入り込もうとしているが、櫻井伸也であろうか。
櫻井は、1981年生まれの若手ながら、イタリアのトリノに渡って既に10年を数える。イタリアでは、南部のマテーラのアルバネーゼ・アルテ画廊を中心に、日本では、東京のベース・ギャラリーを中心に、それぞれ個展やグループ展、アートフェアにと積極的に活動してきている。彼は、大阪芸大でアート・プロデュースとテキスタイル、トリノ美術学校では舞台美術と絵画を学んだが、現在は絵画を中心に制作している。
櫻井の作品に見られるテーマは、原爆、愛、平和といったものである。イタリアに来て初めて実感したイタリア人の心に映るヒロシマのイメージを利用したもので、それをまるでイタリアのアパレル・ブランド「ベネトン」が使うようなカラフルで軽快な色彩を用いて描いたものである。「ベネトン」は、人種差別や戦争など社会問題を広告キャンペーンとして扱って物議を醸してきたが、櫻井の狙いも社会的なテーマをポップな色彩で描き、パーソナルな面とソーシャルな面を同時に並立させることにあるようだ。
そして、今回の福山における個展でどのような新しい展開を見せるか楽しみなところだが、櫻井のグローバルなメッセージは、はたして地元の観覧者のハートに直に伝わるのだろうか。

谷藤史彦(ふくやま美術館学芸課長)